小児科

新生児医療センターは認可NICU6床とGCU6床で、2007年には地域周産期センターに認定され泉州地区周産期医療の活動拠点となっています。当院小児科は新生児診療相互援助システム(NMCS)、産科は産婦人科診療相互援助システム(OGCS)に参加しています。



新生児医療センター(新生児集中治療室:NICU)について

NMCSからは疾病新生児や早期産児の搬送を受け入れ、OGCSからは緊急母体搬送を受け入れており2001年9月以降、NICUへの早産児受け入れ基準は、在胎25週以上・出生体重500g以上としてより早い時期の母体搬送症例を受け入れております(重症先天性心疾患・小児外科疾患は受け入れておりません)。

入院対象は主に早期産児(未熟性に基づく各病態)・呼吸器疾患(一過性多呼吸症・胎便吸引症候群・気胸・等)・感染症(肺炎・敗血症・髄膜炎・等)で赤ちゃんには併存することも多く、各病態に対する急性期の全身管理から退院前の母児のケアまで一貫して行っています。また、遠方からの緊急母体搬送後に誕生された赤ちゃんや新生児搬送で入院された赤ちゃんは状態が安定した後、ご両親がご希望の場合は近隣の病院にバックトランスファーもさせていただいております(搬送は、主に府立母子保健総合医療センターにお願いしています)。

私たちは赤ちゃんとご両親の絆の形成を援助し愛情を育める場所としてのNICUをめざしています。その一環として、お母さんご自身の母乳で退院後も育てていけるように支援し、赤ちゃんとご両親が安心して歩きだせるような環境でありたいと願い日々努力しております。



実績


NICU入院数 (2019.4~2020.3)

出生体重
院内出生
母体搬送
院外出生
IPPV
N-DPAP
又はHFNC
<500g 0 0 0 0 0 0
<1000g 2 3 0 5 5 4
<1500g 5 3 0 8 4 3
<2000g 14 11 1 26 3 0
<2500g 14 7 2 23 1 5
≧2500g 17 3 9 29 1 8
52 27 12 91 14 20



外来のご案内

りんくう総合医療センター
〒598-8577 大阪府泉佐野市りんくう往来北2-23
TEL:072-469-3111(代)
URL:http://www.rgmc.izumisano.osaka.jp/

月曜日~金曜日 (受付時間)8:00 ~ 11:00 ※診察開始は 8:45 からです。
病院2階Aブロック
外来当番表はこちらをご覧ください。 >>



私達がスタッフです

小児科スタッフ
小児科スタッフ



Copyright © Sensyu Regional Medical Center for Women's and Children's Health. All rights reserved.